山本 大(やまもと だい)

(津軽三味線)

東京で津軽三味線の基本技法を学び、本場津軽、青森で修行を重ね、街頭での路上演奏から活動を始める。
青森県弘前市で開催された2000年度第19回津軽三味線全国大会準チャンピオンを筆頭に、各大会に挑戦し華々しい受賞歴を残す。
スタンダードなソロ演奏から、古い津軽三味線の演奏。津軽三味線だけによる合奏、尺八や和太鼓との演奏も行う。
ジャズ、ロック、クラシック、民族楽器、朗読などの他ジャンルとのコラボレーションなども行い、現代の生きた音楽に果敢なチャレンジを続けている。
浅草にあるアミューズミュージアムにてソロライヴを行い、多国籍な演奏家をゲストに招く独自のライヴを行っている。

<受賞歴>
第16回津軽三味線全日本金木大会『黒川桃太郎賞』受賞
第17回津軽三味線全日本金木大会『大條賞』受賞
第18回津軽三味線全日本金木大会『A級入賞』
第20回津軽三味線全日本金木大会『大條賞』受賞 ほか

2006年ジャパン・ファウンデーション主催、エジプト、カイロの「オペラハウス」にてソロ・リサイタルを行う。

2007年邦楽ユニット、和三BOMでのトルコ〜モロッコ〜アルジェリア・にて北アフリカツアーを行う。

2010年にはプロデューサーDJ永田一直氏と共にオーストラリアで開催された、第17回シドニー・ビエンナーレに招待され演奏をし高い評価を受ける。

2014年福島県会津田島御蔵入交流館にて行われた、津軽三味線五十人衆のリーダーを努め、異なる流派の合奏を成功させる。

同年、沖縄県嘉手納でひらかれたBIGIN主催の、うたの日コンサートに津軽出身デュオのサエラと出演し、Kiroroと共演する。

2015年12月、アルジェリアのアルジェとコンスタンティーヌにて、和三BOMで公演を行う。

2002年より阿佐ヶ谷ジャズストリートを15回出演。

津軽民謡、津軽三味線のSPレコードコレクター。蓄音機でのライヴも行う。

ソロライブ

山本 大ソロライヴでゲストとの演奏。ゲストはアフリカのマリ出身の、ママドゥ・ドゥンビアさん。

 

 

go_top